忍者ブログ
フリーエリア





Macお使いの方でコメントが文字化けされる場合はこちら(Nuさんのブログ)をご参照ください。

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
Yo*
HP:
性別:
女性
趣味:
アート、音楽など芸術全般
自己紹介:
人形を作ったりしてましたが、現在は英語の音や表現に興味を持っています。
ダンスやゴスペルが趣味。
最新コメント
無題(返信済)
(05/06)
(02/24)
(02/23)
(02/13)
(02/05)
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
[1044] [1043] [1042] [1041] [1040] [1039] [1038] [1037] [1036] [1035] [1034]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

略してATSという、ベリーダンスのスタイル。

しのぶさんが何度かプライベートで受けているMIDORI先生のATSレッスン、私も一緒に受けてきました。


Midori先生のブログ Blacksheep BellyDance

ターキッシュ、エジプシャン、ロマなど伝統舞踊の「オリエンタル」に対して、どちらかというとモダン系の「トライバル」、漠然とそう思ってたんですが、「トライバル」の中にも「アメリカン・トライバル・スタイル」と「トライバル・フュージョン」があるんですね~。知らなかった。ロマや北インド、フラメンコのような伝統的な踊りの要素が強いのが「アメリカン・トライバル・スタイル」で、モダンなダンスがいろいろ混ざってるのは「トライバル・フュージョン」だそう。「アメリカン」なのに伝統的??謎だ~。

まあ分類訳は置いといて(;^_^A。

ATSでは基本姿勢にしてもオリエンタルとはいろいろ違ってます。腕と上半身の上げ具合はまるでソシアルダンスのホールドのよう。そのくせ膝は軽く曲げ、決してすっくと立ってはいない。

「タクシーム」と「マヤ」をやりましたが(同じ動きの逆方向セット)、オリエンタルよりも重心下で粘っこい。ゆっくりやるので余計に大変。汗がじんわり滲み出ます。

手の平を回したり返したりもやりました。フラメンコを彷彿とさせます。単独でやるのも大変なのに、アンジュレーションと一緒にって、もう何が何やら(*_*)。

リーダーのキューに合わせてグループで踊るのとかもやって楽しかったです。

勿論こんな短時間でマスターできるはずもないんですが、いや~、今更ながらベリーって奥が深い。すごく面白かったです♪

MIDORI先生、しのぶさん、ありがとうございました。

ってことで「ジル」ちゃんと記念撮影です(^_-)。



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]